看取りに関する勉強会

皆様こんにちは。

今日は、先日行われました勉強会の様子を紹介いたします。

 

今回は『看取りのできる介護施設育成プログラム』の一環として

森田クリニックの森田廣樹Dr.

ハグハート訪問看護ステーションの阿部忍Nsより

「看取りケアで大切に思うこと」をテーマにご講義いただきました。

「看取り」と聞くと、

なんだか暗い気持ちになってしまう…

どのようにケアすれば良いのだろう?

といった不安を持つ方も多いのではないでしょうか?

 

さて、その「看取り」ですが

 

「看取りケア」とは

近い将来、死が避けられないとされた人に対し、身体的・精神的苦痛を

緩和・軽減するとともに、人生の最期まで尊厳ある生活を支援すること

 

また、「緩和ケア」とは

生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して

痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題を

早期に発見し、的確なアセスメントと対処を行うことによって、

苦しみを予防し、和らげることで、QOL(生活の質)を改善するアプローチ

 

とされています。では、そのために

私たち介護施設で働くスタッフはどのようなことができるのでしょうか?

 

森田Dr.と阿部Nsより、医療従事者としての視点からのお話を伺い

病院ではなく施設だからこそできるケアについてもお話いただきました。

 

癌の場合、内臓疾患の場合、虚弱や認知症の場合とで違いはありますが、

まず、死へ向かう過程で、どういった変化が起こるか、どのような

症状が出るのかを知るということはとても大切とのことです。

 

医療機関との連携をはかり、どういったことが起こり得るのかを

伝えることで、家族の不安を軽減できることもあります。

 

また、本人がどうしたいのか、思いを聞くこと

そして最期まで尊厳ある暮らしのサポートをしていくことが

とても大切です。

 

他にも為になるお話がたくさんあったのですが

ここでは割愛させていただいて…

 

最後にグループディスカッションを行い

・施設内外のスタッフ間でなぜ情報共有が必要なのか

・その結果から、よりよく支えるためにどうしたら

より上手く情報共有ができるのか

・看取りケアで大切に思うことは何か

ということを各グループで話し合いました。

 

普段、看取りについて他のスタッフの意見を聞く機会は

なかなかありませんでしたが、今回の勉強会を通して、

ウッディタウンで働くスタッフひとりひとりが

どういった思いで(日頃も含め)ケアを行っているのか

知ることが出来たのは貴重な経験だったと思います。

 

ご本人様、ご家族様、Dr.、施設スタッフ、

『皆が同じ方向を向いて進んで行く』ことがすごく大事で

そのために情報共有することや話し合いの場を設けることが

とても大切だということを学ばせていただきました。

終わりに…

・長年生きてきた方が「終の棲家」として選んでくれたということは

日々のケアは間違っていないのだと自信を持って良いということ

・「死」は終わりではなく、関わる人たちの生に厚みをもたらす

ものだということ

と森田Dr.がお話くださったことが印象的でした。

 

まだまだ不安に思うことが多いのも事実ではありますが

コミュニケーションを密に取り、医療機関ともしっかりと連携をとって

私たちのウッディタウンも、お客様が最期のときまで

安心して楽しく過ごせる施設に

そしてお客様にもご家族様にも「ここで良かった」と

思っていただける施設に

していきたいと思いました。