群馬サファリパーク&日食観察ツアー

7月の上州探訪は、
自然の観察、をテーマに
群馬サファリパーク&日食観察ツアー♪
きたる7月22日の日食は46年ぶりの大変珍しい現象となります。
よって、このチャンスを逃してたまるものか!と
ウッディタウンではお客様と一緒に観賞いたします。
–以下国立天文台HPより引用–
 2009年7月22日には日食が起こります。日本では、全国で部分日食を観察することができます。また奄美大島北部、トカラ列島(注1)、屋久島、種子島南部など、皆既日食帯と呼ばれる細長くのびた地域・海域内では、皆既日食を観察することができます。
 皆既日食になると、太陽のまわりにはコロナが広がって見られます。また太陽表面から吹き出ている赤いプロミネンスなども観察することができます。空は、程度は日食ごとに違いますが、夕方・明け方の薄明中のように暗くなり、明るい星ならば見ることができます。地平線近くは、夕焼け(朝焼け)のように空が赤く染まって見られます。
 日本の陸地に限ると、皆既日食が観察できるのは1963年7月21日の北海道東部で見られた皆既日食以来、実に46年ぶりです。次回も2035年9月2日の北陸・北関東などで見られる皆既日食まで26年間起こりません。非常に珍しい現象と言えるでしょう。

今からワクワクしてしまいますねっ。
そして今回の上州探訪のテーマは「自然の観察」ということですが、
自然といえば山や川、木々や花々を観察するだけではないんですよね。
この皆既日食も自然現象のひとつであり、
動物だって自然のひとつ、皆既日食を楽しんだ後はすごい動物たちを見に群馬サファリパークへ行きましょう。
群馬サファリパークは広大な敷地に100種1000頭羽の動物たちが暮らす大規模なサファリパーク。
アメリカバイソン、エルク、ライオンなどの草食・肉食動物に餌をあげられる「エサやり体験バス」や、
飼育係が園内を案内する「レインジャーツアー」では、野生動物とのスリルあるふれあいが楽しめるそうです。
また、動物ふれあいコーナーでは、オランウータンの赤ちゃんを抱っこしながら写真撮影ができる!国内ではここだけらしいので要チェック。
どうでしょうか、迫力満点の一日となることまちがいなしのこのツアー。
同行する私たちスタッフもいまから楽しみで興奮してます。