2月の彩北探訪は小江戸川越へ

ほんの少しずつ暖かくなってきましたね。
しかし、昨日の高崎市の最高気温は20度を超え、冬眠している動物も春になったと間違えて出てきてしまうほどでした。
しかし、今日は一転また冬に逆戻りして寒さが厳しい一日となっております。
お客様から大好評の外出イベント、
2月24日には、彩北探訪と題して、
ちょっと足をのばして小江戸川越へ。
小江戸というだけあって、まるで江戸時代にタイムとラベルしたかのような、錯覚をおこすほどの古きよき街並みが今でも残っています。
蔵造りの建物や、レトロな洋館、が立ち並ぶなか、ひときわ目を引くのが埼玉りそな銀行川越支店。
大正7年に建てられた建築物が現役で稼動しているのを御覧になれます。
また、昔懐かしい菓子屋横丁でも昭和のレトロな雰囲気をタップリ味わえます。
昼食はちょっと贅沢に川越プリンスホテル内の和食武蔵野でいただきます。
川越市立博物館では、第20回「むかしの勉強・むかしの遊び」展が開催されており、こちらも楽しみですね。
いまからワクワク、早く24日にならないかな~。