こだわりの一品「故郷一番」~お茶~

本日は、こだわりの一品「故郷一番」のお時間で御座います。
今回は、こちら
“日本古来の伝統” “和の心”
      「お茶
お茶?

で御座います。
お茶と言えば、
色んな種類があったり、
“茶人”こと、千利休でもお馴染み、
お茶をたてる専門の人がいたり、
茶を振舞う行為“茶道”という様式まで存在する
とっても奥が深いものなんですよねぇ~ほっとした顔
決して、一言では言い表せられない
お茶では御座いますが、
ただ飲んでいるだけで、
ふと落ち着いてしまう
親近感溢れる存在でもあるんですよね
正に、日本人の安らぎの一時と
言っても過言ではありません
最近は、冬まっしぐらって感じで、
ホント寒くなってきましたしバッド (下向き矢印)
肌寒さが染みる、そんな人恋しい季節には、
ホットなお茶が、ぴったりではないでしょうか?
ってな訳で、
そんなお茶をこだわってみちゃいましたよ。
今回はお客様に
3種類のお茶をご用意させてもらい、
飲み比べをして頂こうと思います。
飲み比べて頂くお茶は、
煎茶
お茶?
玄米茶
お茶?
深むし茶
お茶?
でございます。
どれも、お店の方に聞いた品なんですよ
お客様も、どれも「美味しい黒ハート」とおっしゃられており、
甲乙付け難いようで、
一番を決め兼ねているご様子でしたよ
私のお勧めは煎茶です。
勿論、“農林水産大臣賞受賞記念茶”という
肩書きを知ってから、ご賞味させてもらいましたので、
名前負けした感は否めませんが…
まぁさて置き、お客様も
美味しく召し上がって頂けたご様子で何よりで御座います。
お茶?
果たして、次のこだわりは何でしょうか?
乞うご期待double exclamation
PS.久しぶりに即日のブログアップに成功で御座います。
ここの所、おサボり気味なKからのご報告でした。