フラワーアレンジメント「花しゅしゅクラブ」~七夕アレンジメント

7月に入り、
より一層らしくなって来ましたわーい (嬉しい顔)

7月と言って、真っ先に思いつくのは、
7月7日 七夕 ですよね
七夕と言うと、皆様御存じ
語り継がれている伝説が御座います
そう、織姫と彦星の甘く切ないストーリー黒ハート
織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった
彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた
めでたく夫婦となったが夫婦生活が楽しく、
織姫は機を織らなくなり、彦星は牛を追わなくなった

このため天帝は怒り
二人を天の川を隔てて引き離したが、
年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、
天の川にどこからかやってきたカササギが
橋を架けてくれ、会う事が出来たのです
しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、
織姫は渡ることが出来ず彦星も彼女に会うことが出来ない
この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれ、
催涙雨は織姫と彦星が流す涙と言われていますたらーっ (汗)
何とも、胸が苦しくなる物語なのでしょう
七夕と言うと、行事として一種の
お祭り騒ぎで賑わっちゃう風習がありますが、
こんな伝説を聞かされてしまうと、
盛り上がっていたのが、ちょっぴし申し訳ない気がしてしまいます
……が、
それならば、考え方を変えてみようじゃありませんかexclamation
織姫・彦星、両人の思いを込めて、
7月7日が晴れるように、お祈り致しましょうdouble exclamation
そんな訳で、
今回のフラワーアレンジメント「花時間」は、
もうすぐ七夕記念るんるん (音符)両人の思いを詰め込んで、
【七夕アレンジメント】作りに
チャレンジして頂きたいと思います
そして、本日はSPゲストがご登場グッド (上向き矢印)
来館されたお客様をお出迎えする為、
ウッディの玄関で華やかに彩って下さる
生花を毎週配達して頂いております
高崎市の無店舗型花屋さん
花しゅしゅH様で御座います
実は、今回の企画はH様の持込み企画なんですよ
ありがとうございまぁ~すハートたち (複数ハート)
普段の造花を使用してアレンジメントを行っておりますが、
『花しゅしゅクラブ』と題して行う今回は、
生花を用いたアレンジメントとなっております
では、H様ヨロシクお願い致しますグッド (上向き矢印)
花しゅしゅ?
アレンジメントの土台となるものは、
七夕でお馴染みの竹筒を使用してみました
花しゅしゅ?
竹筒の中にオアシスを敷き詰め、
そこに生花と笹を生けます
花しゅしゅ?
花しゅしゅ?
笹は、本物の笹だと日持ちがせず
2日程度でカサカサになってしまうとの事なので、
笹は造花を交えて生けて頂きましたよ、
ナイスるんるん (音符)アイディアですね

花しゅしゅ?
生花を生けた後は、
願い事を託した短冊を掛けて、完成です
花しゅしゅ?
七夕っぽい、風情ある作品に仕上がりましたよね
皆様、笑顔で生けていらっしゃいましたよ
準備も大変だったでしょうに…
H様、ご協力誠にありがとうございましたハート
そして、「花しゅしゅクラブ」として、
今後も不定期ではありますが、
アレンジメントを一緒に行っていく予定となっておりますので、
次回をお楽しみに