平成21年6月24日 上州探訪「昭和村ワイナリー見学&さくらんぼ狩りツアー」

6月の上州探訪は、 昭和村へワイナリー見学に行ってきました。 あいにくの天気でしたが、 接客上手な名看板犬のさくらちゃんがお出迎えしてくれました。 ランチの評判がたいへんに良くて、 皆様、口をそろえて、「おいしい~っ」と何度もおっしゃっていましたよ。

奥利根ワイナリー見学&さくらんぼ狩りツアー

みなさん沼田市においし~ワイナリーがあるの、 知ってましたか? 見晴らしの良い山の大自然の中で育ったぶどうから醸造される、 手作りのワイン、飲んでみたくありませんか? ということで、6月の上州探訪は奥利根ワイナリーへ。 国内では珍しい、ぶどう畑を持ったワイン醸造工場を見学して、 フレッシュなワインをテイスティングしちゃいましょう~。 その後、ツアーは隣接する昭和村の桜桃園へさくらんぼ狩りに向かいます。 ぶどうからできたワインに、採れたてのさくらんぼと、 自然の恵みを贅沢なまでにいただける一日となること請け合いです。 お楽しみにっ。

平成21年5月27日「ディズニーリゾートツアー」ディズニーシー編

行ってきましたよ~ ディズニーツアーとしてディズニーシーへ。 海をテーマとしたファンタスティックなテーマパークに、 ツアー参加者も目を丸くしていましたね。 水上でのパフォーマンスも華やかで、 ここはまるで夢の世界。 参加者の皆様も「またきたいねっ」と、 大変に満足いただけた様子でした。

6月の上州探訪は奥利根ワイナリーへ

来たる6月24日は、 奥利根ワイナリーへGo! 「地産地消」という言葉をこのころよく耳にするようになりましたね。 地元で作られたものを地元で消費することで、 エコにも地域経済の活性化にも、 と一石二鳥の効果をもたらすといわれています。 ワインといえば海外からの輸入ものが一般的ですが、 なんとここ群馬県でもおいし~いワインを製造している!? というウワサを聞きつけましたので、 ウッディタウンのお客様とぜひぜひ行きたい!と、企画いたしました。 奥利根ワイナリーは藤岡インターチェンジより30分ほど、 関越自動車道を新潟方面へ向かったところにある、 昭和インターチェンジのすぐ近く。 ワインの名前も地元ならではの「赤城」や「谷川」「尾瀬」など、 自然豊かな群馬県の香りを堪能できそうですね。 工場見学では、いろいろな種類のワインを試飲して、 お口にあった逸品を探してみませんか。 ぶどうの恵みを満喫したら、 ツアーはその後、さくらんぼの恵みをいただきに桜桃園へ参ります。 さくらんぼ狩りを楽しんでいただき、 自然豊かな楽しい1日を満喫していただきます。

4月の上州探訪は伊香保へ

春ですね~。 桜も本日で満開になり、高崎の観音山もまるで燃えあがっているようです。 自然ってほんとすごいですよね。 どんなに寒い冬であろうが、その後には暖かい春が必ず訪れるもの。 100年に一度といわれる世界的な大不況にも、いつか必ず春がくるでしょうっ。 そう、こんなありがたい春を体感しようと、 ウッディタウン4月の上州探訪は、 癒しの山、榛名山は伊香保へ向かいます。 桜色、ピンクは癒しの色ですよね。 でも、芝生や木々の緑、グリーンも癒しの色ですね。 ピンクとグリーンのコントラストを堪能しようと、 たまには自然の中でのんびり過ごそう~ということで、 伊香保グリーン牧場へ参ります。 名物の新鮮で濃厚なソフトクリームをいただきながら、 壮大なスケールの羊の追い込みSHOWも楽しめます。 昼食はレストランビクネオで腹ごしらえしたら、 ハラミュージアムアークで現代と伝統の美の競演を堪能。 贅沢な一日となることうけあいです。 イヤシロチといわれる榛名山は伊香保にて、 春をまるごといただいちゃいましょう~ねっ。

平成21年3月18日 上州探訪「梅の名所にいこうツアー」箕郷編

行って参りました~。 どこを見渡しても、梅、梅、梅。 まるで、山が燃え上がっているかのよう。 そして、天気にも恵まれて日中は22度まで気温も上昇。 思わず、Tシャツになってしまおうかというほど暖かい一日でしたね。 こんなすごいの見たことない~って参加者のみなさんも大喜び。 梅の花が散り始めると、まもなく桜が咲き始めます。 ほんと、春って楽しみがいっぱいですね。

3月の上州探訪「箕郷梅林」

みなさんみたことありますか? 山一面に広がる約10万本の梅の花のじゅうたんを。 3月の上州探訪は、なんと箕郷梅林へ参ります。 梅の香りは春の予感。豪華なうめまつりを堪能しましょう。 ランチタイムは、オー・ドゥ・ピュールで。 日本初の本格的フュージョンレストランとのこと。 このフュージョンとはフレンチをベースにイタリアン・中国料理等ジャンルを越えた柔軟な発想から作り出す新しいスタイルの融合料理です。 素材にこだわりぬいているのが特徴で、 水は地元の湧き水を汲みに行き、クレソンは山まで自然のものを摘みに行く… また料理の食材も無農薬栽培のお米・野菜にこだわり、少しでもお客様に喜んでいただけますように地元の農家の方々とお話をしながら四季折々の最も新鮮なものを仕入れているとのこと。 究極のこだわりをいただきましょう。 土屋文明記念文学館では、歌人土屋文明の業績を記念して、その短歌とともに生きた生涯をご紹介しながら、関連する短歌などの資料をごらんいただけます。 感動いっぱいの一日となるでしょう。 いまから楽しみですねっ♪

彩北探訪「秩父堪能ツアー」

と~ってもあまずっぱい旅、行って参りました! 彩北探訪は「秩父堪能ツアー」として、 ちょっといつもより足を伸ばしてみるのもいいものですね。 このイチゴ農園、 なんと車椅子のままイチゴ狩りができちゃうんです。 とってもラクチンでお腹いっぱい食べちゃいましたね。 その後、ウッディタウンツアーご一行様は、秩父まつり会館へ。 良い意味で、お祭りってなんだか血が騒ぎませんか? 気合が入るというか、元気になるというか、 資料館をみているだけでも、なんだか興奮しちゃいました。 「ワッショイ・ワッショイ」の掛け声が館内に響いて聞こえているようでした。 今年の12月2日、3日は、秩父夜祭にぜひ行って見たいなぁって思いました。